【ショップチャンネル人気商品】アートハンガーの活用方法&口コミを紹介!

Tags:

今の整理収納のトレンドといえば、「吊るす」・「浮かす」収納ですよね。吊るしたり、浮かしたりするのに便利なフックが、100円ショップなどでもたくさん取り扱われおり、人気となっています。
今回は、そんな「吊るす」・「浮かす」アイテムであるフックの中でも、ワンランク上の便利な商品でショップチャンネルの人気商品『アートハンガー』をご紹介いたします。

ショップチャンネルの人気商品「アートハンガー」とは?

皆さんは『アートハンガー』をご存知でしょうか?

『アートハンガー』は、弊社代表の有賀がショップチャンネルでご紹介しているフィルムタイプのフック。今年で発売10周年を迎え、累計販売枚数はなんと237万枚を突破!言わずと知れた大人気商品です。100円ショップのフィルムタイプのフックとは一線を画す、ワンランク上の性能を誇っております。

どのような点が“ワンランク上”、なのか。次からの項目で見ていきましょう。

アートハンガーの魅力

アートハンガーの魅力として最初に挙げられるのは、「工具不要で取り付けることができる」という点です。設置するのに工具が不要なのでお手元に届いてパッケージから出したらすぐに設置したい場所に取り付けることができます。
また、「水にも強い」ので、水が直接かかってしまうようなお風呂場やキッチンでも安心してお使いになれます。

特筆すべきは「耐荷重が優れて」いて、「壁や家具を傷つけ」ずに、「繰り返し使える」ということ。
また、デザインも、シンプルなクリアー、高級感あふれるロイヤルブルー、ボタニカルデザインのモンステラの3種類があり、お好みや使う場所のインテリアに合わせてお選びいただけます。更には“ダブルフック”という、その名の通り2つのフックがついている商品もあります。

このように、たくさんある魅力のうち、「耐荷重」「傷つかない」「繰り返し使える」という3点について更に詳しくご紹介いたします。

優れた耐荷重

100円ショップで売られているフィルムタイプのフックの耐荷重は1~2㎏程。

一方で、アートハンガーの耐荷重は5㎏となっております。(ダブルフックは10㎏!)しっかりとした耐荷重があるので、フライパンや大きなお鍋はもちろん、コートなどの重いものも安心して掛けることができます。

壁や家具が傷つかない

先述したようにアートハンガーはフィルムタイプのフック。貼り付ける際に壁や家具に穴を開けることなく設置できます。また、剥がす時も設置した場所を傷つけず、跡も残さずにきれいに取り外すことができます。

ただし、取り付けられるのはつるつるとした面のみ、という点には注意が必要です。

繰り返し使える

両面テープタイプの場合は一度剥がしてしまうと、もう一度使うことはできません。しかし、アートハンガーは何度でも貼って剥がすことができ、繰り返し使うことができます。もしも、接着面が汚れてしまった場合も、水かぬるま湯で優しく洗って乾かせば、また元のように使うことが可能です。
うっかり間違えた場所に貼ってしまった場合や、別の場所で使いたい場合に、とても便利ですね。

アートハンガーの活用方法&口コミ

たくさんの方にご購入・ご愛用いただいているアートハンガー。

「『ここにあれば助かるなー』と思っていた場所に新たに収納が作れて嬉しいです」
「ずれ落ちる心配がありません!」
「フックが大きいので落ちなくて安心して使えます 」
などなど、たくさんの嬉しい声をいただいています。

実際にどのように使われているのか。その活用方法をご紹介いたします。

キッチン

アートハンガーはしっかりとした耐荷重があるので、お玉などのキッチンツールはもちろん、重たいフライパンや大きめのお鍋も安心して掛けることができます。

また、アートハンガーをいくつか並べてカゴを掛ければ、調味料やこまごまとしたアイテムを浮かせて収納することも。お掃除もしやすく、調理スペースも確保できますよ。

「シンクの横にアートハンガーと突っ張り棒でゴミ袋をかけています」とのお声もいただいております。
アートハンガー×突っ張り棒は相性抜群のコンビです。

お風呂・洗面所

水に強いアートハンガーはお風呂場や洗面所でも大活躍。洗面所の鏡に付けて、小物を掛けておけば、朝の身支度もスムーズにできます。

お風呂場では、お掃除用のブラシや洗剤などを吊るす収納に。床に付かないのでぬめらず、清潔に保管できます。

「洗濯機に貼って、洗濯ネットをかければ、取り出しやすく使いやすい! 」とのお声も。
水に強いアートハンガーには使ったばかりで濡れたままの洗濯ネットでも掛けられるので便利です。

リビング

お掃除ワイパーやハンディモップも隙間スペースに掛けて、取りやすくすっきりと。
置いてしまうとスペースを取るティッシュペーパーも掛ける収納にすれば、省スペースです。
もちろん、カレンダーを掛けるのにも使えますよ。

また、窓にもつけることができるので、ピンチハンガーを掛けて洗濯物干しスペースにも。乾くまでしっかりと支えてくれます。

「コードレス掃除機をかけました!」とのお声もありました。優れた耐荷重のあるアートハンガーならではの使い道ですね。

寝室

置き場所に困ってしまうカバンも、掛けて収納すれば型崩れも防ぎながら収納することができます。
ワイヤーネットと組み合わせてアクセサリー収納を作っても素敵ですね。

もちろんお洋服を掛けることもできるので、前日にコーディネイトしたお洋服を掛けておけば、忙しい朝も余裕をもって身支度できます。

トイレ

床に直接おいてしまうと、掃除機をかける時に邪魔になってしまうブラシや洗剤などのお掃除グッズも、アートハンガーで浮かせる収納に。床掃除がはかどります。

また、アートハンガーを2つ使って突っ張り棒を渡せば、タオル掛けとしても。使う方の身長に合わせて設置できるので便利です。

「トイレのスリッパをかけています」というアイディアも。なんでも浮かせると、床のお掃除が楽になりますね。

玄関・ベランダ

玄関ドアに取り付けて、鍵などの定位置に。傘や帽子も掛けられます。
靴箱の扉裏に取り付けてほうきとちりとりを収納すれば、玄関スペースがごちゃつきません。

また、マスクが必須アイテムのこのご時世、アートハンガーにマスクをひっかけておくと、外出時にもさっととることができ、とても便利です。

ベランダでは、お掃除用のほうきなどはもちろん、ベランダ菜園グッズなどをかごに入れて浮かせる収納に。
耐荷重内でしたら、観葉植物を掛けることも可能です。

人気のアートハンガーを試してみては

ショップチャンネルの人気商品『アートハンガー』の魅力や活用方法、口コミをご紹介しました。
吊るして、浮かせて、すっきり使いやすく。そんな快適な暮らしを手に入れませんか?
アートハンガーは快適ライフの強い味方です。ぜひ一度お手に取って試してみてください。

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。


Notice: Undefined variable: user_ID in /home/users/2/boo.jp-heartscode/web/wp-content/themes/force_tcd078/comments.php on line 92
PAGE TOP